年齢の関係上辞められないフリーランスエンジニア

広げていける人間関係を作ることが大切

業界的には転職の多い世界なので、仕事は一回して終わりではなく、そこから広げていける人間関係を作ることも大切です。
よくフリーランスになると煩わしい人間関係はなくなると聞きますが、実際にはそんなことはありません。
社内の雑談のようなやりとりは減りますが、仕事上のコミュニケーションは必須です。
エンジニアの仕事にも一人でするものと複数人で行うプロジェクトがありますが、複数人で行うプロジェクトのほうが圧倒的に多く、人とやりとりをしないとうまく仕事は進まないのです。
フリーランスで仕事をしているといろいろな案件があり、中には会社員のように毎朝出勤しなくてはならない業務もありました。
出向案件はフリーランスエンジニアでありながら、会社員のような感覚で仕事をするので、自由を求めてフリーになる人には出向案件はあまり魅力がないかもしれません。
案件が継続していくものが多く、出向案件の中には2〜3年同じ現場で仕事をするものもありました。

【フリーランスはまず人脈構築】
工場勤務のサラリーマンの僕は
人脈なんて一切ありませんでしたw
(しかも、コミュ障)

仕事をもらうためにまずは人脈構築が大事!
しかし、濃い人間関係をつくらないと意味がない

僕は地元のコミュニティに入って、
まずは仲良くなることを心がけました☝️

— すぎにい@脱サラ×Web×ライター (@suginiiwriter) September 15, 2020

1年間の会社員生活で技術を身につけ独立 | 広げていける人間関係を作ることが大切 | 報酬は自分で決めるから交渉能力が必要